身長 遺伝

 

身長 遺伝

 

身長は遺伝で決まっているのか

 

 

身長が低いということで悩んでいる人が増えています。

 

高校生だからということで諦めている人もいるようです。

 

両親が小さいから身長が伸びないと考えている人も多いのではないでしょうか。

 

子供が少しでも大きくなるためにも運動をする環境を作ってあげることが必要です。
体を動かすことで筋肉が大きくなって骨がしっかりとしてくることになるので
体を動かす事は欠かせないですね。

 

★遺伝に身長関係するのか

 

両親が身長が低いと子供が身長が伸びないということが言われています。

 

必ずしも直近の親に関係してしまうということがないようです。

 

 

遺伝だからとあきらめてそのままにしておくことが本当に納得できますか。

 

 

高校生大学生となった時に少しでも身長を高くしておきたかった後悔
するのであれば、少しでも小学生中学生の頃から対策をすることが必要になると思います。

 

 

特に男性は身長を高いと非常にメリットがあるといういるようです。

 

 

恋愛をするときにも身長が高い方が良いと考えている人もいるので、
今できる対策はやはりやっておくことがポイントでしょう。

 

★遺伝だからと諦めないで

 

両親が身長が低いということだけで、諦めるのが避けた方が良いと思います。

 

 

少しでも高くするためにも

 

運動したり
しっかりと食事をする
睡眠時間をとるということが大切になるので

 

 

毎日の環境づくりをすることがポイントになります。

 

 

 

いずれにせよ身体的特徴は、先天的なものと後天的生活環境によって決定されていると
言われています。諦めないで今できる環境づくりを作ることがポイントでしょう。

 

 

遺伝だからと諦めることがやはり小学生中学生では早いと思うので、こ下の身長が
高くなるためにも対策をして出ることがポイントになると思います。

 

 

 

★結論として

 

 

身長が低いという環境が遺伝だけではなく、今の環境を変えることで
身長有吉よりも高くなる可能性はまだまだあります。

 

そのための対策というのはても重要になるでしょう。

 

身長を少しでも効率よく手助けしてあげるためにも毎日の食事の環境
作りというのが必要になります。

 

スナック菓子などを食べる環境というのはやはりあまり良くないということありますから
添加物が少なくてカルシウムがしっかり取れる食品がポイントですね。

 

 

>>>トップページへ